「オデッセイ」感想-科学のチカラで火星に挑め

こんにちは。
今日は「オデッセイ」の感想です。うん、今さらです。
いや、タイミングが無かったんだ、本当なんだ…!
そもそも観たの最近ですし…(マネー・ショートよりは少し前ですが)


  • 原題:The Martian
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/2/5
  • 上映時間:142分
  • 監督:リドリー・スコット
  • 出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、マイケル・ペーニャ、ショーン・ビーン、ケイト・マーラ、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー他
  • 概要:火星での探査中、嵐によって任務が中断し、火星上の軌道へ戻ることになる。しかし途中マーク・ワトニー(マット・デイモン)がアンテナに直撃し吹き飛ばされて行方不明になってしまう。メリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステイン)船長含むクルー達はワトニー捜索を断念し帰還する。しかし、ワトニーは生きており…

評価:7/10(キャッチコピー詐欺ではない)
オススメ:SFが好きな方、楽しい映画が好きな方

オデッセイはTwitter上では誰が言い出したか「火星版DASH村」と言われてます。
本当に本作を一言でまとめるのにこれ以上ぴったりな言葉は無いと思います。

※ネタバレあまりない感じです

続きを読む →

スポンサーリンク