「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」感想-正義とは何か…もう、どうでもいいじゃないか

こんにちは。
観たって言うと珍しく方々から感想をせがまれたのは初めてです。
そんなわけで、お待たせしました、今日は「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」です。


  • 原題:BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE
  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/25
  • 上映時間:151分
  • 監督:ザック・スナイダー
  • 出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット他
  • 概要:世紀の対決。

評価:8/10
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

ヒヤッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!!
※CV 秋山殿

アメリカ本国でも日本でも賛否両論ぷりがすごい本作。
本作は映画ファンですら賛否両論バッサリ分かれていて、ここまでメジャー作品で賛否両論ぷりは初めてなんじゃないかというレベルです。

私は「ガールズ&パンツァー 劇場版」以来の4Dで観たのですが、マジですごかったです。
これだけ4D体験してる私が言うのです。間違いない。
しかも公開1週目にしてあの評価が散々な「ザ・ブリード」よりも客少ないので初めての4Dデビューが簡単にできてしまいます。
なんだったら平日なら当日ふらっと劇場来て4Dのチケット買えるのは本作が初めてレベル(進◯の巨人なんてなかった)の人気の無さですが、満足度は保証します。
マッドマックス、ガルパン並の楽しさで、かつ午前0時にチケットの予約画面を見る必要がないなんて!これが4Dとしてどれ程魅力的か。
すごいよ!みんな4D観るべき。

あ、ちなみに本作「マン・オブ・スティール」観てないとちんぷんかんぷんなのでそれだけはご注意を。

※以下ネタバレ注意

続きを読む →

スポンサーリンク