「ブリッジ・オブ・スパイ」感想-誠実さが世界を救った

こんにちは。本当に今さらですが、アカデミー賞作品賞は「スポットライト」(日本4月公開)に決まりましたね。
また、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は6冠で最多部門受賞しました。
そんななかレオナルド・ディカプリオの主演男優賞受賞の次に日本で注目されていたのが、シルベスタ・スタローンの助演男優賞受賞するかどうか、という話ですね。
結局獲ったのは「ブリッジ・オブ・スパイ」でソ連スパイを見事に演じたマーク・ライランスが受賞しました。
本日はその「ブリッジ・オブ・スパイ」を紹介します。


  • 原題:Bridge of Spies
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/1/8
  • 上映時間:142分
  • 監督:スティーブン・スピルバーグ
  • 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ、スコット・シェパード他
  • 概要:保険関係の弁護士・ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)はアメリカで拘束されたソ連のスパイ・ルドル・アベル(マーク・ライランス)の弁護を依頼される。数年後アメリカのパイロットがソ連で拘束される。再びドノヴァンに、以前弁護したアベルとアメリカのパイロットの交換を依頼される…

評価:8/10
オススメ:全員

本当に良い作品とは語るところが無いぐらい素晴らしいのです(小並感

※以下微妙にネタバレ

続きを読む →

スポンサーリンク