「映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」感想―ストレートな展開こそ心を打つ

こんにちは。
前回紹介した「湯を沸かすほどの熱い愛」、反響いただいて嬉しい限りです。

さて、そんな「湯を沸かすほどの熱い愛」と同じ日に見ておきながらすっかりインパクトが薄れてしまった「映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」を紹介します(色々酷い


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:71分(短編込)
  • 監督:田中裕太
  • 声の出演:高橋李依、堀江由衣、早見沙織、齋藤彩夏、浪川大輔他
  • 概要:魔法界で100年に1度「願いの石」復活を祝う大魔法フェスティバルにやってきたみらい(高橋李依)、リコ(堀江由衣)、はーちゃん(早見沙織)、モフルン(齋藤彩夏)。みんなで願いの石に願いを込めるが、選ばれたのはモフルンだった。その時謎のクマ・ダークマターが現れモフルンが連れ去られてしまい…

評価:9/10
オススメ:テレビ「魔法つかいプリキュア!」を見てるみんな

さて、「映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」以来半年ですね。
あれから本当にテレビシリーズの「魔法つかいプリキュア!」を1話から見続け、遂にこの時が来たか!って感じでした。
しかも今回日曜日の昼の一番混んでる回に特攻しました。我ながら勇者かと。

それにしても既に大々的に言われてましたが、普段プリキュアをサポートする妖精枠のモフルンがプリキュアに変身して戦うってプリキュアの映画ってそういうものなの!?って戸惑いながら観ました。
コンセプトが既にぶっ飛んでますよね。
でも、テレビシリーズを見ていたみんなならわかる。キュアモフルンは必然的に生まれたものなのだ…

※以下ネタバレ
※同時上映の短編「キュアミラクルとモフルンの魔法のレッスン!」についても触れています。

スポンサーリンク

 

「キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン」について

上映開始後、まずは同時上映の「キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン」が始まります。
あ、同時上映なんてあったんだ(←知らなかった人

なんかディズニーアニメーション彷彿とさせるアメリカンな感じのキュアミラクルとモフルンが魔法のライトを振って魔法をかけまくるだけの脳筋ストーリーです。
ここは子供達はとにかくライトを振って楽しむのが正しい楽しみ方ですね。アナ雪の応援上映的な。
最後は渡辺麻友の主題歌と共にみんなで楽しくライトを振りながらダンス!なんかズートピアのエンドロール的な感じでした。
前回のオールスターズの時も思ったけど、東映の媚び媚びな姿勢嫌いじゃないです。
実際子供達は喜びますしね。

てか、渡辺麻友の主題歌、このタイミングで流れます。
え、本編じゃないの!?

大魔法フェスティバル

さぁ、続いて本編が始まります。
舞台は魔法界。100年に一度の大魔法フェスティバルにやってきたみらい達。
フェスティバルの目的は100年に1度現れる「願いの石」の復活を祝うというもの。

石の復活に合わせてみんなでライトに願いを込めます。
そうすると石が願いを叶える人を選んでくれるというものなのですが…圧倒的な願いの力を見せつけたモフルンが選ばれます。
しかし、モフルンの願いは「みらいやリコ、はーちゃんが幸せならモフルンも幸せ」というなんとも曖昧なもの。
もちろん石も起動しません。

そこに謎のクマ・ダークマターが現れ、自分の願いを叶えるために願いの石とその石を発動できるモフルンをさらっていってしまいます。
今思うとひっどい名前だな。

クマ好き大興奮

モフルンが目覚めるとそこはダークマターの根城。
ダークマターの魔の手から逃げようとモフルンが奮闘するのですが、この流れが終始ギャグテイストなのがいいですね。
シリアスになりきらないの感じがいいし、テレビシリーズを見てればモフルンだからギャグシーンになっても自然と受け入れれるんですよね。よくできてる。

そして、辿り着いたのがクマが大量に住むクマの楽園!?
彼らとすぐに打ち解けたモフルンはみんなで楽しく遊んだりダンス。
そしてここでまさかのまゆゆの主題歌2回目。
既に一度踊り方が流れているから今回は最初からみんなで合わせて踊れるね!なんという孔明の罠。

そういえばクマというと、「うつくしいひと」にも出た黒い重鎮が今回もカメオ出演されてます。
お前仕事しすぎだろ。
バーターで他のクマ系ゆるキャラ達も出てるのですが、残念ながら一匹もわからず…

閑話休題。
そんなクマ達が突然逃げ出した。
置いていかれたモフルンの前に現れたのが黒いクマのクマタ。
彼はクマだけど魔法が使えて、モフルンと仲良くなります。

しかし、彼の正体はダークマター。
モフルンに願いを叶えさせるために姿を変えて近づいていたのです。
これ、ダークマタって事だったっての、今文章にしてて気づきました。
個人的には「こんなん声でバレバレやろ!」って声豚みたいな視点で見てましたよ!(半ギレ

キュアモフルン

みらい達が助けに行くもリコが捕まってしまいます。
そして、みらいもピンチになった時、遂に願いの石がモフルンの願いを叶え…

キュアモフルン爆誕

モフルンのみんなの思う気持ちが叶った瞬間の感動はテレビシリーズを知っている人程大きいです。

キュアモフルンがはーちゃんことフェリーチェ超えのチートっぷりです、でも声はそのままw
でもそこがいい。

ミラクルとマジカルは魔法の力で全フォーム出現(計8人)し戦うというなんでもありな感じに。
このあたりも映画ならではですね。
一瞬オールスターズ観てるのかと錯覚してしまう展開でした。


まぁ、最後詳しいところまで語ってしまうとただのあらすじ解説になってしまうのでアレなので多少端折ります。

個人的にはダメ人間クズ人間ばかりやってるイメージだった浪川大輔さんが、はっきりとした悪のダークマターと、なんだかんだでいいヤツなクマタを見事に演じているのが評価高かったです。
あとはキュアモフルンになっても全力でモフルンだった齋藤彩夏さんもGood。

ストーリーはわかりやすくシンプルなのですが、だからこそ「モフルンやみんなが一緒にいたい」っていうテレビシリーズから貫いてる芯の部分を映画でもしっかり描き、感動を覚える良作になっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA