「白鯨との闘い」感想-「鯨」の意味するもの

アクセス数がなんと1日100人突破!(しかもユニーク数!)ありがとうございます!
Twitterの宣伝効果偉大ですな( ´ー`)
「ガラスの花と壊す世界」、地方でこれから公開するところも出てきてますし、まだ遅くないですよ!

さて、今日は先週公開された「白鯨との闘い」を紹介。


  • 原題:IN THE HEART OF THE SEA
  • 製作年:2015
  • 日本公開日:2016/1/16
  • 上映時間:122分
  • 監督:ロン・ハワード
  • 出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィー、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン他
  • 概要:名著「白鯨」の作者が取材で聞いた鯨との闘いを描く※ただし、鯨との闘いは前半のみ

評価:7/10(実話ベースの良作)
オススメ:名著「白鯨」 の裏側を知りたい方、ノンフィクションもの好きな方

有名な監督(らしい)ロン・ハワード監督最新作です。
「(らしい)」 と書いたのは私が全然彼の作品を知らないからです!(ドヤ
あ、「ラッシュ」は観ましたよ。個人的には大好きな作品です。

今回のにとり的ポイントは

  1. 名著「白鯨」の裏側にようこそ 
  2. 現実という名の苛酷さ
  3. 「鯨」が象徴するもの

です。
以下いつも通り解説。

続きを読む →

スポンサーリンク

自己紹介

あ、今さらですが、私のプロフィール書きます。
映画にハマったきっかけ、ブログ始めたきっかけ書いていきますので、少しでも私の事知ってもらえればと思います。

基本情報
名前:にとり
和歌山県和歌山市出身。
高校、大学を大阪で過ごす。
さらに3年間東京にいた後、和歌山に帰ってきました。
現在和歌山の片隅でひっそり住んでいます。

9月25日生まれなんでプレゼントはそれまでにお願いします。
趣味は映画鑑賞、読書、そしてアニメ鑑賞です。
 

映画ブログを始めたきっかけは↓

続きを読む →

「ガラスの花と壊す世界」感想-アニメ版エンジェルウォーズだった

こんにちは。

今日は「ガラスの花と壊す世界」の紹介です。
(2016/1/25 ほんの気持ち修正しました)


  • 製作年: 2015
  • 日本公開日:2016/1/9
  • 上映時間:67分
  • 監督:石浜真史
  • 声の出演:花守ゆみり、種田梨沙、佐倉綾音、茅野愛衣
  • 概要:電子世界でアンチウィルスの女の子2人がウィルスと戦ってたら知らない女の子がやってきてイチャイチャする話(適当)

評価:6/10(考えるな感じろ)
オススメ:声優好き(特に種田梨沙と佐倉綾音ファン)、萌イラスト好き(特にカントク先生のファン)、エンジェルウォーズ」が好きな同志

概要が既によくわからない。

最初に言っておきますが、ぶっちゃけこの映画評判よくないです。
魔法少女まどか☆マギカ等をアニメを普段見ない一般の方々に普及するために日々布教活動を行ってる私ですが、これは観なくても大丈夫です。
ぶっちゃけほとんどの人は観ても後悔しか残らないと思います。
でも、絶対に声を大にしてオススメしたい層が2つだけあります。

一つはアニメでストーリーではなく声優や所謂作画で選ぶ方々
もう一つはエンジェルウォーズが好きだった人です。
いや、マジでエンジェルウォーズの再来かと思って一人歓喜していた私がいます。
ただ、問題はエンジェルウォーズが好きだった人がそもそもいないことなんだけど・・・

にとり的注目ポイントは

  1. 美少女×圧倒的アクション
  2. +深読みできなくもないストーリー
  3. =(控えめに言っても)アニメ版エンジェルウォーズ

です。ますます意味がわからないですね!

以下詳しく解説します。

続きを読む →

「パディントン」感想-まさに現代のファミリー映画

こんにちは。

今日紹介する映画は「パディントン」です。


  • 原題:PADDINGTON
  • 製作年:2014
  • 日本公開日:2016/01/15
  • 上映時間:95分
  • 監督:ポール・キング
  • キャスト:ベン・ウィショー(声)、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ニコール・キッドマン他
  • 概要:紳士すぎるクマがロンドンで育む家族愛の話

評価:7/10(家族で観たい)
オススメ:全ての家族、動物好き、優しい気持ちになりたい時

にとり的注目ポイントは

  1. 紳士すぎるクマ(VSテ○ド)
  2. パディントンかわいいよパディントン
  3. 本当の家族とは?

です!

ではポイント別に紹介といきましょう。

続きを読む →

2015年にとり映画賞(おまけ)

新年あけましておめでとうございます。
今年は頑張って更新したいと思ってますよ、ええ。

にとり映画賞、最後は主題歌賞とにとり賞の発表です。
最近は映画狂としての知名度でも上がってきたのか結構リアルとかでもオススメの映画を聞かれるのですが、本当は好きだけど諸々の理由で勧めていない映画もあります。
また、賛否両論や一方的な酷評、ドマイナーなままの映画も沢山あります。
にとり賞とはそういう私(にとり)の個人的に好きな映画を強引に押し付けるための賞です。文字にしてみると酷いな。

参考までに、過去はブログには書いてませんがTwitter上等で

ドライブ・アングリー(最高に頭悪いB級×3D奇跡のコラボ)、
エンジェルウォーズ(美少女が戦う設定盛り込み杉カオス映画)、
かぐや姫の物語(超泣けるのに帝のアゴばかりフィーチャーされる)、
僕は友達が少ない(純粋な面白さは個人的に原作超えのバカ映画)、
バトルシップ(チキンブリトー!)

等を選んできました。ご察しの通りロクなチョイスしてません

つーわけで、本記事がきっかけで作品を観てもクレーム一切受け付けません!
最後に文字通りおまけもあるよ!

続きを読む →