「破門 ふたりのヤクビョーガミ」感想―僕も北川景子のいとこになりたい

こんにちは。

今日は「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の紹介です。
同週に公開された「キセキ」や「ドクター・ストレンジ」にすっかり話題を持っていかれて完全空気ですね…

でもダメ人間、クズ人間好きな人は観た方がいいと思うんです!
だからタイトルのことは気にしてはいけない。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/1/28
  • 上映時間:120分
  • 監督:小林聖太郎
  • 出演:佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、橋本マナミ、キムラ緑子、宇崎竜童、國村隼、橋爪功他
  • 概要:二宮啓之(横山裕)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策をやって収入を得ていた。その仕事がきっかけで知り合った二蝶会のイケイケヤクザ・桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合ってからトラブル続き。桑原は二宮にとっての疫病神である。
    ある日二宮の元に映画の出資の話がやってくる。二宮にとっての父親代わりで桑原のいる二蝶会の若頭・嶋田(國村隼)にその話を紹介し、出資してもらう。
    しかし、映画プロデューサーの小清水(橋爪功)は資金を持って消えてしまう。桑原は資金を取り戻すため二宮を連れて小清水を追いかけるのだったが…

評価:8/10
オススメ:クズ人間、ダメ人間好きな人、北川景子のファン

「GANTZ:O」もそうだったけど、こういう大阪リスペクトな映画もっと増えて欲しいね。(結構大阪の扱い雑な作品多いからね…)

佐々木蔵之介が今までやってきた役が何だったのか思い出せなくなる位のインパクト強い、それでいてドハマリなヤクザを好演。
横山裕も見た目に似合う冴えないぐーたら男を演じています。

そして映画プロデューサーを演じる橋爪功がとにかく凄い。「家族はつらいよ」で演じた滑稽なリアル老人も最高でしたけど、それを超えてきましたね。
このクズPがとにかくクズすぎて素晴らしい活躍ぶりを見せます。

でもね、やっぱ自然な関西弁を話す北川景子尊い、それに尽きる。

※微妙にネタバレ

スポンサーリンク

ドハマリな二人が織りなすドタバタ劇

まずは主人公である桑原保彦
概要にあるように、もうザ・関西のヤクザといった感じで、結構キレやすい性格。
二宮をいいように使ったりしますがなんだかんだで二宮のことどこか信用している気がしますね。

そして、横山裕演じるぐーたら男の二宮啓之
父親がヤクザで、その関係でサバキという建設会社から暴力団を守るために別の暴力団への仲介を行うみたいな事をして稼いでいます。
ただ、暴対法の強化で最近は稼ぎが少なくなってると嘆くも特に何をするでもなくぐーたらしている、そんな男です。

そんな二人のバディものとしての一面もある本作ですが、やはりその魅力は二人のハマりっぷり。

映画を観る前は佐々木蔵之介って聞いた時耳を疑ったのですが、桑原の登場1秒でそんなことは杞憂だと思いました。
横山裕は…イメージ通りではありましたね(笑)なんというか、陰キャラがよく似合う(ファンの方ごめんなさい)まぁでも既にこの方向は「エイトレンジャー」で慣れてしまってたのもあったかもしれません。

とにかくそんな二人が事件に巻き込まれ、解決していくストーリーです。
ぶつかり続けながらもなんだかんだで上手く進んでいくんですよね。それからとにかく二人の掛け合いも見もの。ちょっとしたギャグ映画な一面もあって化物語シリーズの掛け合いや漫才好きな人にも意外と合うかもしれません。

キング・オブ・クズ 小清水

そんな二人と対するのが橋爪功演じる小清水P
二宮に映画の出資をしないかと相談に来ます。そこで二宮は嶋田にその話をし出資してもらうことになります。
嶋田は二蝶会の若頭ですが、二宮の父親が生前現役のヤクザだった時子分としてかわいがってもらった恩で、二宮の世話をする父親代わりをやっています。

しかし、資金を持ったまま逃亡。
すると滝沢組が現れます。滝沢組は小清水に金を融資していたのですが、小清水が消えたため、製作委員会に名前が載っている嶋田に損失を穴埋めしろと詰め寄ってきたのです。

しかし、喧嘩っ早い桑原は滝沢組と揉め事を起こし事態はさらにややこしく…
おかげで桑原・二宮のコンビは小清水を追いながら滝沢組から逃げる事になってしまいます。

で、この小清水実は滝沢組の命令で映画資金を巻き上げる詐欺をやっていたのですが(詳しい経緯語るとただのあらすじ語りになるから端折ります)、滝沢組をも出し抜いて金を貯め込んでるという素晴らしい度胸の持ち主です。

何度捕まりそうになっても上手く逃げ、捕まっても逃げと素晴らしい逃げのプロフェッショナルぶりを見せつけます。
さらに金を取り戻させないように何重にも手を打っていたり、二宮を丸め込ませたり、ホラ吹き上等で素晴らしい底辺さを見せつけてくれます。

「ヤクザは人間のクズ」と吐き捨てる小清水P。そんなヤクザから金を巻き上げてる見事なクズっぷりには尊敬の言葉しか出ません。

「しょーもなさ」が大阪らしさ

本作の魅力に「しょーもなさ」があります。

終始やってる桑原と二宮の掛け合いなんかも、本当にしょーもない事なんですよね。
映画らしからぬ、無駄な話がとにかく多いんです。でもそういうのが関西人としては嬉しいんです。

途中でマル暴の刑事が現れるんですが、桑原が「大阪で最低の警察」と紹介すると、
二宮が「じゃぁ世界で最低ですね」って言うのも実に大阪らしい自虐です。
で、「いや、メキシコやナイジェリアよりはマシ」って桑原が微妙なフォロー入れるのもらしさ全開で好きです。メキシコとナイジェリアに謝れ。

結局本作の魅力って

今まで2000字にわたってどういう作品か語ってきましたが、本作の魅力はもうね、北川景子ですよ。
そうに決まってるじゃないですか。

北川景子は渡辺悠紀という二宮のいとこで、二宮の事務所の助手と称して食事作ってくれたり、もちろん仕事も一緒にやってくれて二宮の事色々気にかけてくれて…
で、私好みの勝ち気な女子なんです。
なんなんですか、最高ですか!?

もちろん渡辺もバリバリの関西弁。関西弁を喋る北川景子マジ尊い。

私も今すぐ北川景子のいとこになりたいです。あ、でもそうなるとKSKなロックミュージシャンとか貴腐人の御姉様とかともゴニョゴニョ。

もちろん、桑原と二宮の活躍も見ものですよ。
バディ映画としてもコメディ映画としてもアクション(というより若干暴力的)映画としてもいけますし、あべのハルカスはじめ大阪を舞台に二人が暴れる楽しい映画です。

本当、この映画魅力は詰まりまくってるので少しでも気になったら是非映画館に足を運んでほしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA