「ゴールデンスランバー」感想-この映画をハッピーエンドと言えるほど頭の中ハッピーではなかった

こんにちは。

昨日「残穢」の感想をご紹介したのですが、以前中村義洋監督と竹内結子が出ていた有名な映画がありまして。
そう中村義洋監督の代表作にして邦画の中でもかなり人気の高いあの作品ですね。
しかも「残穢」と同じく原作は山本周五郎賞を獲ってます。
本日はそんな「ゴールデンスランバー」についてご紹介します。


  • 製作年:2009
  • 日本公開日:2010/1/30
  • 上映時間:139分
  • 監督:中村義洋
  • 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之他
  • 概要:首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春(堺雅人)がとにかく逃げる。途中元恋人(竹内結子)や不思議な縁によって助けられつつ逃げるも徐々に佐々木一太郎(香川照之)率いる警察に追い詰められていく…

評価:3/10
オススメ:えーっと、日本人?(謎

皆さん「えっ」ってなったと思うんですよ。
傷物語はちょっと毒入ってしまったものの、映画ファンの評価乏しくない「人生の約束」 を褒める奴だから映画ファンも好きな「ゴールデンスランバー」ぐらい高評価だろうって思ったと思うんですよ。
でも、実際この映画観た私が「えっ」ってなりましたよ。

※この先不快な表現が使われている可能性があります。(本作のファンの方ごめんなさい)
※香川照之が毎度楽しそうなのは仕様です

にとり的ポイントは

  1. 強い絆の話だよ
  2. 堺雅人には笑顔が似合う
  3. 結局何も解決してない

です。

スポンサーリンク

1.強い絆の話だよ

本作は首相殺害という濡れ衣を被せられながらも大学時代の仲間や不思議な縁によって助けられていくお話です。
(余談ですが2009年に制作された映画でありながら爆弾積んだドローンで首相殺害という未来行きまくりの殺害方法が行われております)

音楽は斉藤和義が主題歌だけでなく劇中の音楽全てを担当しています。
邦画によくある鬱陶しい音楽ではなく、本編を邪魔せずかつ耳障りにならない良い音楽です。
自分の好きな「ベリーベリーストロング」の作詞は本作「ゴールデンスランバー」の原作者・伊坂幸太郎でそれの縁で今回音楽をやったのかもしれませんね。
ちなみに、本作はそんな「ベリーベリーストロング」の歌詞にあるような絆の話です。伊坂幸太郎「絆」大好きだな。

あとはひょんなことから青柳を助けた通り魔・キルオ(濱田岳)がいいキャラかつ、演じた濱田岳が素晴らしいです。
彼の出世作なのは議論の余地もないところです。

以上、プラス3点分の評価内容でした。
以下マイナス7点分の評価行きまーす。

2.堺雅人には笑顔が似合う

一見するといいじゃんって思いますよね。
実際誰がどう見ても青柳がとても首相を殺すような人に見えません。
ところが、同時にシリアスさまでもが失われてしまっています。
序盤、青柳が実感が無いのか、最初本気で逃げないんですよね。そこで余計緊張感が感じれなくなってしまっています。
途中からは堺雅人本人の演技のおかげでそれなりにカバーできてはいますが、これは完全に配役ミスだったと言わざるを得ません。

3.結局何も解決してない

見えない何かから逃げる話っていうのは「激突」 が有名ですね。
あれは明確に恐怖が去ったとわかるのですが、 本作には一切そういうのがありません。
あのデビルマンの再来とすら言われた「リアル鬼ごっこ(2015)」ですら、最後明確に危機が去ったとわかる終わり方なんですよ。
本作はそれをたかが整形という方法であの恐怖が解決するとか、あれだけ鬼気迫る警察権力逃げれるとか舐めてるでしょ、そうなんでしょう!?
それを音楽と雰囲気で無理矢理ハッピーエンドっぽく終わらせてるんです。ありえない。

結局警察の裏権力は?相武紗季の演じる井ノ原小梅って何者?
せめて危機がハッキリと去るか、解決させないなら黒幕の情報を出してリアリティを持たせて欲しかった。
なんという放置プレイ。この作品は劇場公開中の2010年2月に観たのですが、今でももやもやが止まらないです。

ゴールデンスランバー<廉価版> [Blu-ray] ゴールデンスランバー<廉価版> [Blu-ray]

アミューズソフトエンタテインメント 2014-04-23
売り上げランキング : 50781

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA