2016年上半期フェイバリット映画

こんにちは。
お久しぶりです。最近色々とスランプ気味なんです…
映画も週1本ぐらいしか観てません(それをスランプと言うかは個人の裁量に任せます)

さて、この時期になると皆さん上半期のベスト映画を挙げる流れがあるのですが…私はその流れに懐疑的です。
なぜなら、年末には年間のベストが流れるからです。
いや、それは別にいいんですよ、でもね、下半期ベストって誰もやらないじゃん!不公平じゃん!ってことです。

ただ、意外にも私に対して上半期の映画どうでしたか、と聞かれたこともあるので、ここはあえて順位をつけず気に入った映画達をピックアップしていこうと思います。

スポンサーリンク

順不同でとにかくタイトル羅列していきますぞー!

ちなみに今年映画は6月26日現在75本観てます。うん、頭おかしいんじゃねーの。
既に毎年の平均近く観てますよ…

スリル部門

スリルと緊張を楽しめるのは映画ならではの一つ。
そんなハラハラドキドキな映画たち。

ザ・ウォーク

3Dで観るワールド・トレード・センターの景色!
主人公による優雅な空中散歩とは裏腹にこっちは心臓繰り抜かれそう…

残穢 ~住んではいけない部屋~

今年は積極的にホラー映画攻めてます。
どっちかっというと小野不由美作品の中でもミステリー色が強い。

ヒメアノ~ル

徐々に侵食される日常。
V6森田演じる森田君のサイコパスっぷりが最高。

マネーモンスター

1秒たりとも目が離せない!
とにかくハラハラドキドキしたい人にオススメ。

貞子vs伽椰子

まさかのJホラー界の重鎮達の激突。
衝撃のラストまで目が離せない!
観るなら4DやDolbyATMOS版で。

黒崎くんの言いなりになんてならない

正直一番ドキドキさせられました本当にry

楽しい部門

とにかく楽しい!映画。

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

内容に突っ込みどころは多けれど、とにかくアクションが楽しい映画。
ホラーテイストで、物語にメリハリも実はついていたり。

アイアムアヒーロー

ゾンビパニックものだが、ここまでテンポよくキレの良い作品は初めて。
図書館戦争といい佐藤信介監督には「邦画はまだやれる!」っていう熱い声が聞こえてくるようです。

テラフォーマーズ

アイアムアヒーローがほぼ無規制でやりたい放題やった真逆の全年齢対象という規制の中で、限りないグロさを追求した三池崇史監督の迷作。
でも超楽しいよ。

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

前作の「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」は思わず酷評してしまったけど、しっかりとした前作のフォローがなされてて思わず私も熱い手のひら返し。
誰が言い出したか、バッキー&翼のコンビは必見。

映画で欠かせないのは「愛」のある映画。
愛の形は千差万別。

キャロル

いくつも障害のある恋。
翻弄される2人に涙。

リリーのすべて

妻の愛に心打たれる。

映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!

女児向けアニメかとおもいきや、愛の詰まった大人でも楽しめる映画。

映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

同じく大人も楽しめる、家族愛溢れた傑作。
安心できない安村も好き。

感動

ハンカチ無しでは語れない。

ちはやふる 上の句
ちはやふる 下の句

上の句、下の句それぞれ切り離してもオールタイム級の傑作!
これが青春だよ!!!

ルーム

マジで涙無しでは語れない。
ジェイコブ君の成長を感じるたびにひと泣きできる。

ずっと前から好きでした ~告白実行委員会~

恋雪きゅんの事を考えると涙。
まぁ、大人が観ると別の意味で涙止まらないと話題になったけど。

考えるな感じろ

そう、ここに野暮な言葉はいらない…

ガラスの花と壊す世界

可愛い女の子達がキャッキャウフフしたり、たまに戦ったりするだけだよ。本当だよ。

海よりもまだ深く

いつもどおり何も起こらないよ。本当だよ。

 

以上、20作品あげてきたわけですが、変な分類をしてしまったが為に漏れてしまったズートピア」がなんだかんだで年末もベスト映画な気がしますけど。
それにしても、今年の映画も面白いのがザクザク出てきて楽しいですね。
去年の今頃はV8V8言ってるだけだった気がしますが、今年はいろいろ目移りしてそれはそれで楽しいです。

7月以降は個人的に大本命の「アクセル・ワールド インフィニット・バースト」公開です。
「ラブライブ!」大ヒットのせいで制作が頓挫しかかってたアクセル・ワールドの新作アニメーションが!遂に!
他の作品も、まぁ、期待しておきます。
いや、単に何公開するか全然把握してないだけです…

 

 

おまけ

いや、多分みなさんワーストも知りたいんだと思うんですよ。
なんで思わず「うーん」と黙ってしまった映画も、こちらも同じく今時点では順位を付けずに挙げておきますね。

ガルム・ウォーズ
エヴェレスト 神々の山嶺
マクベス

ここらへんはコメントを差し控えたいと思います。
多分悪口しか出てこないから(真顔

傷物語 Ⅰ 鉄血篇

ベスト映画に入れる方が多いと思うが、知ったことではない。
何年も延期した上に、ダラダラと60分を見事に無駄遣いしたスタッフは私を怒らせる天才だと思う。
あと、未だに熱血篇の情報出てませんけど、ま さ か延期したりしませんよね?
ちゃんと夏に公開するんですよね!????????

リップヴァンウィンクルの花嫁

多分、ほとんどの人がベスト映画に入れてる気がするけど、知ったことではない。
なんだかんだでトータルでは楽しかったけど、主人公があまりにもザコすぎるのもう少しなんとかならなかったのだろうか…

レヴェナント 蘇りしもの

ほとんどの人がべry
クマのシーンは本当にすごいが、それはほんの一部にすぎない。
なのに本編3時間は長すぎるだろ…

フィフス・ウェイブ
暗殺教室 卒業編
クリムゾン・ピーク
黒崎くんの言いなりになんてならない

この辺りは悪くはなかったけど、下半期に事故物件が現れないと不幸にも黒塗りの高級車に追突ワーストに入ってしまうかもな映画群。
で、ここでさらっと「黒崎くん」が登場していることに触れてはいけない。

順位付けないとか言いつつ、大体の順番になってる気がするけど、気のせいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA