「ちはやふる 上の句」感想-眩しい青春

こんにちは。
最近また映画館に足を運んでいたせいで紹介したい映画が多すぎるのが悩みです。
今日は「ちはやふる 上の句」を紹介。

「上の句」ってある通り、前後編ものなのですが、
今までの前後編と比べて本作だけで一つの映画として完成されているのがこの映画の最も優秀なところです。
なので、他の作品みたいに途中でぶった切られて評価しづらい事は一切ございません。
「下の句」観るかどうかわからないけど、とりあえず観てみるのは全然アリなのです。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/19
  • 上映時間:111分
  • 監督:小泉徳宏
  • 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌歌、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松田美由紀、國村隼他
  • 概要:幼なじみの千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)の3人は、競技かるたを遊んでいたが、小学校卒業後離れ離れになってしまう。高校生になった千早は再会した太一と共に競技かるた部を作ることになる…

評価:9/10
オススメ:今青春まっただ中な中高生~元中高生の方まで

かくいう私も、「前後編ものはもう観たくないんだ…」という思いが強かったのです。
「進撃の巨人」みたいに前半がどれだけ良くても後編の出来がアレだとその映画全体がアレに見えかねないですし、
「ソロモンの偽証」みたいに前半で既にイマイチだと、後編どれだけ巻き返そうと前半のイメージが拭い切れないという欠点がありました(公開期間が開くから余計イマイチなイメージがこべりつく)。

それに前編は大体いいところで終わるので、観終わった後「後編を観てみないと評価しづらい」という問題が必ずつきまとっています。
ですが、本作はきちんと「上の句」だけで一つの映画として完成されているので、安心して観れます。

本当、この映画を勧めて頂いたTwitterのフォロワーさん達に感謝です。

※以下ネタバレ

スポンサーリンク

競技かるたを遊んでいた幼なじみの3人が一度はバラバラになるものの高校生になり、再び競技かるたで繋がっていく話です。
3人の幼なじみの三角関係も本作の魅力の一つです。
いつも通り私は原作を読んだことはないです。

広瀬すず演じる千早が一応主人公なのですが、野村周平演じる太一が真の主人公っていう感じで、彼の苦悩や成長が一番の軸になっている気がします。
「魔法少女まどか☆マギカ」のまどか、「ラブライブ!」の穂乃果みたいな物語や仲間達の牽引役ではあるのですが、真の主人公が別にいるっていうのは割と青春ものでは多い気がします。
そういえば、「クロニクル」や「桐島、部活辞めるってよ」なんかも表主人公とは別に物語の主軸がいますよね。

千早と太一は高校で再開し、競技かるた部を立ち上げます。
部員も個性的で千早達と同じく小学生の頃から競技かるたをやっていて千早達と対戦したこともある「肉まんくん」西田優征(矢本悠馬)、
呉服屋の娘で百人一首の想いは誰にも負けない大江奏(上白石萌音)、
机にかじりついて勉強していることから「机くん」と呼ばれる駒野勉(森永悠希)。

上の句では前述の通り太一とあと机くんが物語の中心になっていきます。
創部から合宿、東京都大会までが描かれています。

中でも、千早、太一、新の関係が丁寧に描かれているのが印象的でした。
太一が運に見放されたり、競技かるた自体を離れていた部分とも密接に関係しています。

東京大会は見所が沢山あります。

決勝でも出てくる北央学園の須藤暁人(清水尋也)が「ドSの須藤」と呼ばれるだけあるSっぷりで最高でした。
合宿時からドSっぷりで千早を苦しめます。

一方、机くんはかるた経験者のや百人一首を最初から覚えてる奏とは実力の差があったのですが、大会で大きな溝を生むことになります。
太一がなんとなく気にはしていたけど…ここを乗り越えるシーンが太一と机くんの両方の成長が観れるいいシーンなんですよね。

そして太一の運命戦。
運命戦はお互いの札が残り1枚になった時の事を差し、お互いの目の前に札が1枚づつあるので、自分の目の前の札が読まれるかの運勝負なのです。
ところが、太一は今まで運命戦に買ったことが一度も無いという悪運の持ち主だったのです。
しかし、それを逆手に取り相手の場の札を取りに行くという攻めに転じるのです…
ここまで言っておいて結末は語らないのですが、まぁ、観てください(投

ちょっと残念な部分もあって、競技かるたのルールがあまり詳しくないというところですかね。
「マネー・ショート」でもそうだったのですが、知識がある人間とない人間で差が出てしまうのはやはり残念ですね。
まぁ、知識ある人間からしたらここ、完全にふーんで終わってしまうところなんですけど、俺とか俺とか俺。
知識がないと躓いてしまう方もいらっしゃるみたいで、やはりそこは残念ですね。
ただ、そんなに知識いりましたか?というのが競技かるた体験者から言ってもそんなことない気がしますけどねぇ…

この東京大会でしっかり山場を作り、上の句だけでも起承転結が出来ていて、これだけでも一本の映画としてとても優秀なのですが、こんだけ面白かったのにまだ続きがあるというのがいいですね。
しかも下の句では松岡茉優演じるかるたクイーンが出るとのことなので、テンション上がっております。
早く公開してくれ~!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA