「フィフティ・シェイズ・ダーカー」感想ーもうお前ら勝手にやってろ!

突然ですがみなさん「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画をご存知ですか?

海外で大人気の官能小説の映画化でしたがイマイチな脚本と主にジェイミー・ドーナンの演技で海外でも不評、なんとラジー賞で最低作品賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低スクリーンコンボ章、最低脚本賞と5部門も受賞。すごいな、「ジャックとジル」かよ。そりゃ「TED」でネタにされるわな。

閑話休題。

ただでさえアレなのに日本では真っ黒クロスケで一部表現を規制したR15版として公開しますます不評でした。

ちなみにこれ、海外で修正されたものをそのまま上映していたとか。日本ならもっと上手くやるよ多分。

この頃ちょうどアニメ版「テラフォーマーズ」でも真っ黒クロスケ出現し「また真っ黒クロスケのお世話にならないといけないのか…」と、ゲンナリしていた私でしたが、そんなところにR18版の上映が決まり嬉々として観に行きました。レディースデーに。TOHOシネマズ日本橋の女性ばかりのスクリーンのど真ん中の座席にいる男。それが俺。

「ガール」の時も同じシチュエーションでしたが、この手の映画では…まぁでも全然エロく無かったし、むしろどこに真っ黒クロスケの出番があったのか教えて欲しい。マジで。

まぁそんな色んな思い出のある本作ですが、私の2015年のワースト10には残念ながら入りませんでした。あの年はワースト側に精鋭が集まった事故の年なので。

さて、そんな続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」です。日本公開が決まる前はTwitterでビデオスルーになるというデマを流してた人間いたのですが、そいつのアカウント思い出してこれから殴りに行かなければなりません。無事に公開されてよかったです。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/6/23
  • 上映時間:118分
  • 監督:ジェームズ・フォーリー
  • 出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、リタ・オラ、キム・ベイシンガー、マーシャ・ゲイ・ハーデン他
  • 概要:5分に一回合体(雑

評価:6/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※個人的好みとしては10点とか0点(バカ映画)に並ぶぐらい好きだけど、冷静に考えるとこの点数

さぁ「前作からパワーアップ」という事でもう男としてはアッチ方面のパワーアップしか期待してない訳ですよ(ゲス顔
実際蓋をあけるととんでもない方向にパワーアップしちゃいましたね。

ハードルは一切持たずに行ったので、普通に楽しかったです。こういう頭悪い映画好きです。「5分に1回胸キュン」を謳った「ピーチガール」の宣伝文句借りるなら「5分に1回合体」なわけですね。抜きゲーかな。

※以下ネタバレあり

続きを読む →

「レヴェナント 蘇えりし者」感想-レオ様 meets クマさん

こんちには。
今日は「レヴェナント 蘇えりし者」を紹介します。
初日に観に行ったのに今さらな紹介になってるのはここだけの話。


  • 原題:THE REVENANT
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/4/22
  • 上映時間:157分
  • 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
  • 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラック他
  • 概要:一人の男の一大復讐劇

評価:6/10
オススメ:レオ様ファン

「テラフォーマーズ」が過剰に叩かれてる真逆で、この作品は過剰に持ち上げられすぎな気がしますが、そう思うのは私だけでしょうか(´(ェ)`)

この作品の特徴は既に語り尽くされたクマさん登場シーン。
インパクトは凄いし、どうやって撮影してるのかとかレオ様の演技すげぇ!ってなるのは確かです。
しかし、2時間半以上ある作品では序盤に出てくる彼(?)はあくまでオマケでしかないのです。

本作はとにかく「苛酷、残酷、酷酷酷…」の「酷」を描き切った作品です。
その中で、レオ様の演じるヒュー・グラスの復讐、そしてその先を描いた作品です。

本作の音楽を坂本龍一が担当していることでも有名になりました。

それにしても、これが脚色されてるとはいえ実話ベースとは…

※以下ネタバレあり

続きを読む →

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」感想-ゆきあつ。

今日は「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の紹介をする前に一つ。

重大なネタバレしてしまって大変申し訳ございません!

「えっ、どこがネタバレなの?」って疑問に思った方はおそらく大丈夫なので、このまま紹介させてください。
「おい、そういうことかよ!どうしてくれるんだよ!」って思った方もとりあえず解説させてください。ね。
だって言わずにはいられなかった…


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:金子修一
  • 出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子他
  • 概要:物や場所に残った記憶、それが残留思念。仙石和彦(野村萬斎)はその残留思念を読み取ることができる特殊能力を持っていた。一時期はお笑いコンビ「マイティーズ」を組み、その能力を芸として活かしていたが、コンビ解散後は引きこもり生活を送っていた。一方、元相方の丸山竜二(宮迫博之)は解散後ピン芸人として活動するも鳴かず飛ばずだった。ある日丸山のいる事務所に秋山亜美(杉咲花)という女子高生が「人を探して欲しい」と訪れてきて…

評価:6/10
オススメ:古沢良太ファン、新しい野村萬斎が観たい方、アニメオタクな方

本作の主演は「陰陽師」、「のぼうの城」でおなじみ野村萬斎です。
彼の演技は誰が見てもインパクトのある演技で有名ですね。
そんな彼がラノベにいそうなヘタレ系引きこもり(ちゃんと理由はありますがそのあたりは後述)主人公を演じてるだけで本作には価値があると思います。

あまり推理的な要素で言えば若干薄いのですが、話の展開は上手く引き込んできます。
何より原作のないオリジナル作品なので、色々考えながら楽しめます。話の流れ自体を推理するのは楽しいですし。

まぁ、タイトルにも書いた件で色々台無しすぎるんだけど。
逆にタイトルの意味がわかり、ヘタレ引きこもり主人公とどっちかというとアニメオタクに全力で勧めるべき映画なのではないのでしょうか。

※以下途中までは微ネタバレ
※後半の重大なネタバレは改めて警告入れてますので、途中までは読んでも大丈夫です

続きを読む →

「リップヴァンウィンクルの花嫁」感想-この世界は優しい

こんにちは。
今日は「リップヴァンウィンクルの花嫁」のご紹介。

本作は上映時間3時間という長尺なのですが、大体3時間前後の映画(大体150分~180分)って良作の割合が多いイメージがあります。
例えば、今まで観た映画では「アバター」、「涼宮ハルヒの消失」、「カラスの親指」といったどれも素晴らしい作品揃い。「戦場にかける橋」は3時間映画筆頭格ですね。
なので、上映時間3時間にひるまず、むしろ3時間映画は当たりと思って観に行ってください。それが一番言いたかった。
(マイケル・ベイの「トランスフォーマー」シリーズだって面白いだろ!!!ク◯映画とか言うな!)


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/26
  • 上映時間:180分
  • 監督:岩井俊二
  • 出演:黒木華、綾野剛、Cocco他
  • 概要:派遣教員の皆川七海(黒木華)はSNSで知り合った男と結婚する。しかし、結婚式に呼ぶ親族がいなかった七海は同じくSNSで知り合ったなんでも屋の安室(綾野剛)に結婚式の代理出席を依頼する…

評価:6/10
オススメ:嘘つきな人達、いつも流されてる人達

有名な日本監督の一人である、岩井俊二監督最新作です。
「スワロウテイル」や「花とアリス」といった人気作他、東北大震災復興ソングの「花は咲く」の作詞も手がけています。
有名な大物監督でありながら映画ファンからの人気も高いのが他の監督との大きな違いですね。(他の監督は大体映画ファンからは嫌われてる人多い…)

本作は映画ファンの心をわしづかみにし既に邦画とは思えないぐらい評価が高いです。
なので、私も観に行ったのですが、10点とまではいかなかったです。
それどころか6点って… 一部の方々から私の存在を消されるのではないかって気がしなくもないですが、ちゃんとご説明しますので。

でも、間違いなく言えるのはストーリーは傑作レベルです。ストーリー、は。
あと、メイド服と百合が好きな方で普段2次元にしか興味ない方も意外と楽しめるかもしれません。(ただし前半生き残れたら)

※以下ネタバレにつき未鑑賞の方の閲覧をご遠慮頂いております。

続きを読む →

「僕だけがいない街」感想-面白かった(納得したとは言ってない)

今日は「僕だけがいない街」を紹介するよ!


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/19
  • 上映時間:120分
  • 監督:平川雄一朗
  • 出演:藤原竜也、有村架純、鈴木梨央、中川翼、林遣都、及川光博、杉本哲太、石田ゆり子他
  • 概要:藤沼悟(藤原竜也)は売れない漫画家。彼には「再上映(リバイバル)」という現象が起こり、原因を解決しないと時間が進まないという他の人間とは違うところがあった…


評価:6/10
(面白かった、けど…)
オススメ:藤原竜也が好きな人集まれ!

みんな大好き!というか私が大好き!ワーナー×藤原竜也映画だよ!
過去に「デスノート」、「藁の楯」、「MONSTERZ」、「るろうに剣心」と数々の名作から迷作まで生み出し続けるワーナー×藤原竜也映画。
記録ではなく記憶に残る映画を作り続けています。
(全く記憶に残らなかった点で「インシテミル」が一番の駄作なんですが、話が脱線してしまうため割愛)

ちなみに、北海道からの人から非難轟々な北海道弁については語りませんのであしからず。
(関西人ですから、私)
あと、フォントの事で騒ぐ方々がいますが、そこら辺も私はよくわからないのでスルーします。

※以下、ネタバレ

続きを読む →