「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想―展開がわかるからこそ泣ける

今日は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のご紹介。
最初に結論から言うとポッピンQ」より絶対こっちの方観ようぜ。
※あくまでも個人的な感想です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/12/17
  • 上映時間:110分
  • 監督:三木孝浩
  • 出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子他
  • 概要:大学生の南山高寿(福士蒼汰)は通学の電車で福寿愛美(小松菜奈)に一目惚れし、声をかける。駅で会話を交わした2人。別れる際に高寿は「また会える?」と聞いたところ、愛美は突然涙した―。

評価:9/10
オススメ:カップルだけの映画じゃない!みんなにオススメ!

いやぁ、2016年はこれでもかというぐらい名作が出てきましたが、本作もその一つではないでしょうか。
2016年最後に観た映画は迷作でしたけど。

監督は「ソラニン」、「アオハライド」等の良質な音楽映画、青春映画を作り続ける三木孝浩監督
実は三木監督作品は「くちびるに歌を」、「青空エール」と2作連続で見損ねてたので久々の三木監督作品となります。
(2作品とも評価高いから観ないと…!)

原作者は七月隆文。あれ、どこかで聞いたことある名前だと思ったら、「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件」の原作者でもありました。
多分映画ファンには聞いたことも無いタイトルでしょうが、以前放送されていた深夜アニメです。

※どんな内容かはこのPV観てお察しください。でも結構他のテンプレートラノベと比べると内容は詰まってます。

まぁそんなわけで、ライトノベル作家の方がいきなりリア充向けな作品を書いて、ヒットし、さらに三木孝浩監督で映像化ですよ…住む世界が変わり過ぎというか。

まぁ、とりあえずそういうところもあって期待半分不安半分で観ましたよ。

※いつも以上にネタバレです

続きを読む →

「映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」感想―ストレートな展開こそ心を打つ

こんにちは。
前回紹介した「湯を沸かすほどの熱い愛」、反響いただいて嬉しい限りです。

さて、そんな「湯を沸かすほどの熱い愛」と同じ日に見ておきながらすっかりインパクトが薄れてしまった「映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」を紹介します(色々酷い


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:71分(短編込)
  • 監督:田中裕太
  • 声の出演:高橋李依、堀江由衣、早見沙織、齋藤彩夏、浪川大輔他
  • 概要:魔法界で100年に1度「願いの石」復活を祝う大魔法フェスティバルにやってきたみらい(高橋李依)、リコ(堀江由衣)、はーちゃん(早見沙織)、モフルン(齋藤彩夏)。みんなで願いの石に願いを込めるが、選ばれたのはモフルンだった。その時謎のクマ・ダークマターが現れモフルンが連れ去られてしまい…

評価:9/10
オススメ:テレビ「魔法つかいプリキュア!」を見てるみんな

さて、「映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」以来半年ですね。
あれから本当にテレビシリーズの「魔法つかいプリキュア!」を1話から見続け、遂にこの時が来たか!って感じでした。
しかも今回日曜日の昼の一番混んでる回に特攻しました。我ながら勇者かと。

それにしても既に大々的に言われてましたが、普段プリキュアをサポートする妖精枠のモフルンがプリキュアに変身して戦うってプリキュアの映画ってそういうものなの!?って戸惑いながら観ました。
コンセプトが既にぶっ飛んでますよね。
でも、テレビシリーズを見ていたみんなならわかる。キュアモフルンは必然的に生まれたものなのだ…

※以下ネタバレ
※同時上映の短編「キュアミラクルとモフルンの魔法のレッスン!」についても触れています。

続きを読む →

「GANTZ:O」感想―内容云々より大阪への愛を感じた

こんにちは。

今日は「GANTZ:O」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/14
  • 上映時間:96分
  • 総監督:さとうけいいち
  • 監督:川村泰
  • 声の出演:小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRG、梶裕貴他
  • 概要:加藤勝(小野大輔)は地下鉄で通り魔事件に出逢い命を落とす。目覚めると黒い玉のある部屋にいた。そこで出会った東京チームと共に大阪に転送された加藤は星人とのサバイバルゲームに巻き込まれていく…

評価:9/10
オススメ:グロに多少耐性あれば躊躇う必要なし

実は私「GANTZ」原作知らなくて、しかも例の実写版も観てないんです。
(あれはトラウマ邦画量産機の渡辺雄介大先生が脚本と聞いただけで、ちょっと…)

ただこっちはドラマ・映画版「謎解きはディナーのあとで」や「ONE PIECE FILM GOLD」、オリジナルだと「僕のヤバい妻」も書いてる脚本家、黒岩勉氏ということ。
個人的には好きな脚本家の一人なんでハードルチョイあげで行きました。
まぁ、「僕のヤバい妻」は結構驚きもあってよかったのですが、「謎解きはディナーのあとで」や「ONE PIECE FILM GOLD」は割と細かいとこ飛ばしてノリと勢いだけでやってるので好き嫌いはある方ですけど。私は好きなんですけどね。

余談ですが、「僕のヤバい妻」は放送前和製ゴーン・ガールとか言われてましたけど、ゴーン・ガールと違って登場人物が揃いも揃ってクズしかいなかったですけどね(褒めてる

総監督は「TIGER&BUNNY」、映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のさとうけいいち。
アニメは「大乱闘スマッシュブラザーズ」や「鉄拳」シリーズのCGを手がけてきたデジタル・フロンティアによるフル3DCGなのですが、アニメ絵重視の亜人や逆にリアルにこだわったファイナルファンタジーのフル3DCGと違って萌えとリアルが両立した圧倒的映像美が楽しめます。これだけで観る価値アリ。

 

※以下、ネタバレあり

続きを読む →

「海よりもまだ深く」感想-なりたいものになれなかった大人達へ

今日は「海よりもまだ深く」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/5/21
  • 上映時間:117分
  • 監督:是枝裕和
  • 出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、吉澤太陽、橋爪功、樹木希林
  • 概要:特に何も起きません。

評価:9/10
オススメ:大人全員

超個人的に大好きな是枝裕和監督最新作です。

過去の監督作「歩いても歩いても」、「奇跡」に似ていると言われてますが、まさにその系譜で作っているのだと思います。
実際離れ離れになった家族の話なんですものね。

タイトルが独特ながらも、覚えにくさもありますが、「歩いても歩いても」と同じくある曲の歌詞から取っているものです。
(具体的な曲名は後半で)
なお、「海未よりもまだ深く」って変換するグーグル検索は無能。

今回も安定の「何も起きない」っぷりが炸裂しています。
物語的には本当に特に何も起きない、でも日常系の退屈さは一切無く、間延びせず、本当にどうしてこんな面白いのが作れるのかが不思議な監督です。

※以下ネタバレ?注意

続きを読む →

「世界から猫が消えたなら」感想-失って気づく大切なもの

今日は「世界から猫が消えたなら」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/5/14
  • 上映時間:103分
  • 監督:永井聡
  • 出演:佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子
  • 概要:余命が僅かになった僕(佐藤健)の目の前に突然同じ姿をした悪魔(佐藤健)が現れる。悪魔に本来は明日僕が死ぬこと、そして世界から彼が指定するものと引き換えに寿命が1日伸ばせると告げられる。

評価:9/10
オススメ:心浄化されたい人

最近は猫映画が増えてきているらしいですね。数年前「DOG POLICE」や「わさお」といった犬映画が量産された年がありました。まぁ、ほとんどク◯映画だったのですが…(「星守るいぬ」はよかった)

そんなわけで動物大フィーチャー映画はロクな思い出がないので、今回の映画は不安半分といったところでした。

半分希望を持てたのは東宝の名物プロデューサー川村元気が原作である事と永井聡監督であるということ。
川村元気は数々の地雷映画を生み出す東宝の中では圧倒的当たり映画を量産している方で「電車男」、「悪人」から近作では「バケモノの子」、「バクマン。」なんかも彼のプロデュースです(本作はキャスティングのスタッフとして参加)。
永井聡は元々CMディレクターだったのですが、長編映画監督としてのデビュー作「ジャッジ!」が個人的にドツボ(世間的には作中のギャグが受け入れられるかで意見が分かれた)だったので、凄く注目してた監督の一人でした。

あ、ちなみに舞台挨拶も行ってきたのですが、佐藤健君がとにかく天使だった(真顔
最後に舞台挨拶で健君が明かしてくれたあるネタも紹介します。

※以下、ネタバレあり

続きを読む →