「劇場版 艦これ」感想ー救われた(色々と)

こんにちは。

今日は先日4D版の上映が始まって、気づけば終わった「劇場版 艦これ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/11/26
  • 上映時間:91分
  • 監督:草川啓造
  • 声の出演:上坂すみれ、藤田咲、井口裕香、佐倉綾音、竹達彩奈、東山奈央、野水伊織、日高里菜、タニベユミ、大坪由佳、中島愛他
  • 概要:水上スキーを楽しむ女の子鑑賞ムービー。

評価:7/10
オススメ:アニメ艦これを観た方

原作は誰もが知ってる戦艦大和や「この世界の片隅に」でちょっと話題にもなった重巡青葉といった軍艦を美少女化したゲームとなっています。

まず大前提としてテレビアニメ版の続編ではあるのですが、このテレビアニメ版、最終話まで観たアニメで最もク◯なアニメでした。文字通りの駄作です。

そんなわけで、見るかどうかもだいぶ悩んだ時期もありましたが、観た結果「救われた…」って思いましたね。多分テレビアニメで心が死んだ提督(艦これファンの事)もそう思ったに違いありません。

では、原作の部分からアニメ版の◯ソっぷり、そして艦これテレビ版を知らない方でも特攻できるような前知識から4D版(20作以上観た人間として他作品との演出の違いも)の感想まで色々と語っていきます。

最初は映画版のネタバレ無しで行くので、これから観ようって方も参考にしていただければと思います。

ちなみに映画は艦これのゲームさえやってればテレビアニメ版を飛ばして劇場版だけ観ておいたほうが多分幸せです。
(テレビアニメ版の地獄を経験してたからこその素晴らしさはありますけどね…)

※序盤はTVアニメ版のネタバレ、後半は劇場版のネタバレになります

続きを読む →

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」感想-真摯に向き合うこと

こんにちは。お久しぶりです。最近はもちろんポケモンGOにハマっております。
なので、今回は久々に映画、しかもビッグウェーブに乗って今年のポケモン映画を紹介!

ではまず今日はポケモン映画の紹介をする前に一つお知らせがあります。

大手映画レビューサイトのFilmarksさんでポケモン映画の特集があり、なんと私が5作+新作の紹介文を書かせていただきました!

特集記事はこちら

こういう機会をくださったFilmarks様には感謝感激でございます。ありがとうございます!

では改めて「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/7/16
  • 上映時間:97分
  • 監督:湯山邦彦
  • 声の出演:松本梨香、大谷育江、牧口真幸、梶裕貴、伊瀬茉莉也、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、市川染五郎、中川翔子、松岡茉優、山寺宏一他
  • 概要:ポケモンマスターを目指すサトシ(松本梨香)達の前にボルケニオン(市川染五郎)が落ちてくる。ボルケニオンはマギアナを助けようとして落ちてきたのだった。マギアナをすぐに追いかけようとするボルケニオンだったがなぜかサトシが引っ張られていって…

評価:7/10
オススメ:ポケモンファンの皆さん

Filmarksでは制約上短いコメントだったこともあって、ブログではさぞ充実したレビューを期待される方もいることでしょう。
しかしながら、ブログを見たことある方ならわかりますが、基本的に作品の勢いとエロが大事とか言ってる万年少年みたいな人間ですからね…期待はしないでお願い。

しかもまともなレビュー記事書くの2ヶ月ぶりでもはやどう書いたらいいかもわかってないですからねぇ…

※以下、一応ネタバレはあるのでご注意

続きを読む →

「追憶の森」感想-スピチュアル・ミステリー

今日は「追憶の森」の紹介です。


  • 原題:THE SEA OF TREES
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:111分
  • 監督:ガス・ヴァン・サント
  • 出演:マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ他
  • 概要:富士の樹海に自殺に来たアーサー(マシュー・マコノヒー)は森の中でタクミ(渡辺謙)と出会う。タクミを放っておくことができず助けようとするアーサーだったが…

評価:7/10
オススメ:日々色々後悔してる人

この映画、本当に観て欲しいとしか言いようが無いすごさです。

実際中身は男二人が富士の樹海を彷徨ってるだけという正直絵ヅラが酷く地味なのですが、「ミステリー」ですからね。
そんな彼らの行動すべてが最後に大きな感動となって還ってくるストーリーが素晴らしいです。

※以下ほぼネタバレ無し解説

続きを読む →

「マジカル・ガール」感想-奇跡も、魔法も、ないんだよ

こんにちは。
今日は最近になってようやく東京以外の地方上映が始まった「マジカル・ガール」を紹介します。


  • 原題:MAGICAL GIRL
  • 製作年:2014
  • 公開日:2016/3/12
  • 上映時間:127分
  • 監督:カルロス・ベルムト
  • 出演:ホセ・サクリスタン、バルバラ・レニー、ルイス・ベルメホ、イスラエル・エレハルデ、ルシア・ポジャン、エリザベド・ヘラベルト、ミケル・インスア、テレサ・ソリア・ルアノ他
  • 概要:魔法少女ユキコになりたかった少女の願いは思いもよらぬ展開へ…

評価:7/10
オススメ:日本人

本作の監督は「魔法少女まどか☆マギカ(以下まどマギ)」、「セーラームーン」に影響されて魔法少女ものを取り入れ(セーラームーンは厳密に言えば美少女「戦士」なのだが、オタク的談義は長くなるから割愛)、まどマギ、エヴァンゲリオンのストーリー展開に影響されたという日本の影響受けまくりの作品になっております。

実際、登場人物のニックネームが日本名だったり、長山洋子の「春はSA・RA・SA・RA」が劇中使われていたりしています。
江戸川乱歩の「黒蜥蜴」の影響を受けたシーンもあります。

まどマギのビジュアル面もストーリーも影響されていると聞けば一部の方から期待が上がるのは仕方の無いことです。
ただ、ぶっちゃけ魔法少女的な要素でいうとほとんど無いものだから、全然まどマギじゃない!ってお怒りの方もいますが、逆にまどマギっぽかったら色々困るわ!

それと、スペインの「闘牛」、「情熱」の部分に触れるシーンがあるのですが、まさにスペインのお国柄的な感じの展開がいいですね(特に終盤

※いつもよりネタバレ多し
※若干「魔法少女まどか☆マギカ」テレビ版及び、テレビ版総集編にあたる劇場版前篇、後篇のネタバレアリ。観てない方はこの機会に是非。(劇場版だけで楽しめます)

続きを読む →

「ショート・ターム」感想-優しくなりたい

こんにちは。
以前自己紹介でも語っていた映画オフ会「映画について語ろう会」。
実はその中でシネマレコメンドというコーナーがあり、初参加ですが、図々しくも映画を勧めて頂きました。(3人目が私です)

それから何本か観た映画はあるのですが、ちゃんと感想を述べてなかったので、大変申し訳なかったです。
今さらではありますが、ブログ本格始動し始めたこの機会に紹介したいと思います。

今日はその中の1本「ショート・ターム」をご紹介します。


  • 原題:SHORT TERM 12
  • 製作年:2013
  • 公開日:2014/11/15
  • 上映時間:97分
  • 監督:デスティン・ダニエル・クレットン
  • 出演:ブリー・ラーソン、ジョン・ギャラガー・Jr.、ケイトリン・デヴァー、キース・スタンフィールド、ラミ・マレック他
  • 概要:10代の子供達を保護する「ショート・ターム12」で働くグレイス(ブリー・ラーソン)と同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr.)の間に子供ができた。しかし、グレイスはメイソンに打ち明けることができずにいた…

評価:7/10
オススメ:心が荒んだ人

この作品もあまり言葉で表すのが難しいところですが、「観終わった後優しくなれる」映画だと思ってます。
この映画、勧めて頂いた直後に観て以来2回目なんですけど、本当に言葉にするのが難しい良さがあります。
それは多分今まで、そして今に至るまでに出会ったことのないジャンルだからだと思ってます。

※以下微妙にネタバレ

続きを読む →