「劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッチメント」感想-万由里ィィィ(発狂

そう、また、なんだ。
アニメ映画の感想全然書いてない気がしてきたんだ。
確かに日にち的には結構空いてたけど、記事の数的にはそんなことはなかってですね…もっと更新頑張ります。

さて、今日は先日BDが発売となった「劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッチメント」の紹介。
既に記事のタイトルがおかしい…

本作はテレビシリーズの完全続編になっているのでテレビシリーズを観ておかないと多分楽しめませんのでご注意。
気になる方は是非この機会にテレビシリーズ観るのをオススメします。
私は原作ファンでテレビアニメも観てきたので、公開当時は超ワクワクしました。


  • 製作年:2015
  • 公開日:2015/8/22
  • 上映時間:73分
  • 監督:元永慶太郎
  • 声の出演:島崎信長、井上麻里奈、富樫美鈴、竹達彩奈、野水伊織、真田アサミ、内田真礼、ブリドカットセーラ恵美、茅原実里、雨宮天他
  • 概要:ある日五河士道(島崎信長)の住む天宮市に霊波を発する謎の球体が出現した。霊波が今まで力を封印してきた精霊達のものと似ていることから、彼女たちとデートをすることに。そして、時を同じくして謎の少女(雨宮天)が現れる…

評価:3/10(期待どころを間違えて無事に死亡)
オススメ:デート・ア・ライブのファン

またこの流れかよ!

そもそも「デート・ア・ライブ」を知らない方に簡単にご説明を。
街を滅ぼす力を持った精霊達を封印する力を手に入れた主人公の五河士道。
ちなみに封印の方法はなんとキス!
→キスする為に精霊達とデートをして好感度を上げる(=デレさせる)というお話です。
ベタですね。そこが大好きです。

今回の目玉は新しい精霊・万由里が出るというところ。(ポスターの中央上)
もうね、ヴィジュアルが既にデート・ア・ライブのキャラの中でも群を抜いてかわいんですよ。 (よしのんは別格)
しかもいま話題の雨宮天さんが声を当ててくださってます!
デート・ア・ライブは今までゲームも何本か出しているのですが、毎回ゲスト声優がいて、花澤香菜→三森すずこ→佐倉綾音と売れ線を地で行くキャスティングのゲスさが好きでした。
今回もまさに!ですね。ハラショー。
ほらね、こうなってくると彼女とのデートを期待するじゃない!どんなデレ方するか期待するじゃない!

…て思って劇場行って見事に爆死した管理人がこちらになります。
思わず去年のワースト映画ランキングぶち込むし、1点にしようとも思いましたが、
改めて特典小説読んで若干溜飲を下げた感じです。それでもやっぱり許せない。
特に彼女の事を思うと切なくなります。

そういえばデート・ア・ライブっていつから感動路線になったんだ?

ちなみに、本当に点数が低い理由は「おまけ」に記しました。

※以下ネタバレしかありません。
※ファンの方には不快な表現がある場合がございます。予めご了承ください。 

続きを読む →

スポンサーリンク

「劇場版 “文学少女”」感想-色々もったいない

今日は家にあった「劇場版”文学少女”」を紹介します。
原作はライトノベルです。この文学少女シリーズはあまりにも愛が深すぎるので語り始めると1日が終わるので割愛しますが、それだけ好きな作品です。


  • 製作年:2010年
  • 公開日:2010/5/1
  • 上映時間:103分
  • 監督:多田俊介
  • 声の出演:花澤香菜、入野自由、平野綾、水樹奈々、小野大輔、豊崎愛生、宮野真守、伊藤静、下田麻美他
  • 概要:高校に入学したばかりの井上心葉(入野自由)は木蓮の木の下で本を読んでいる少女・天野遠子(花澤香菜)と出会う。彼女は秘密を見た井上を監視と称し自らが部長を務める文学部に強制入部させる。時は流れ、天野が卒業を控えた冬、ポストに謎の絵が書かれた手紙が入れられる…

評価:3/10(色々残念)
オススメ:宮沢賢治が好きな方

この作品って初めてのアニメ化なんで「テレビシリーズ観てるの前提!」みたいなの無いんですけど、
どう見ても「原作読んでる前提!」みたいになってしまっていて、逆に原作読んでると物足りないところだらけで発狂するというどこに向けた作品かよくわからなくなってしまってます。

あとは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と「よだかの星」を読んでいるかどうかでも大分変わってきます。
むしろ原作そっちのけで「銀河鉄道の夜」を抑えるのがベター。

※毎度お馴染み不愉快な表現が含まれている可能性があります。本作のファンの方ごめんなさい。
※いきなりネタバレしかしてません。それどころか原作シリーズのネタバレぶっ込みまくってます。
※本記事では天野遠子を敬意を込めて遠子先輩と呼んでいます。

続きを読む →

「ゴールデンスランバー」感想-この映画をハッピーエンドと言えるほど頭の中ハッピーではなかった

こんにちは。

昨日「残穢」の感想をご紹介したのですが、以前中村義洋監督と竹内結子が出ていた有名な映画がありまして。
そう中村義洋監督の代表作にして邦画の中でもかなり人気の高いあの作品ですね。
しかも「残穢」と同じく原作は山本周五郎賞を獲ってます。
本日はそんな「ゴールデンスランバー」についてご紹介します。


  • 製作年:2009
  • 日本公開日:2010/1/30
  • 上映時間:139分
  • 監督:中村義洋
  • 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之他
  • 概要:首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春(堺雅人)がとにかく逃げる。途中元恋人(竹内結子)や不思議な縁によって助けられつつ逃げるも徐々に佐々木一太郎(香川照之)率いる警察に追い詰められていく…

評価:3/10
オススメ:えーっと、日本人?(謎

皆さん「えっ」ってなったと思うんですよ。
傷物語はちょっと毒入ってしまったものの、映画ファンの評価乏しくない「人生の約束」 を褒める奴だから映画ファンも好きな「ゴールデンスランバー」ぐらい高評価だろうって思ったと思うんですよ。
でも、実際この映画観た私が「えっ」ってなりましたよ。

※この先不快な表現が使われている可能性があります。(本作のファンの方ごめんなさい)
※香川照之が毎度楽しそうなのは仕様です

にとり的ポイントは

  1. 強い絆の話だよ
  2. 堺雅人には笑顔が似合う
  3. 結局何も解決してない

です。

続きを読む →

「傷物語 Ⅰ 鉄血篇」感想-待 ち す ぎ た

3作連続アニメ映画特集。
最後は現在絶賛公開中の映画「傷物語 Ⅰ 鉄血篇」です。


  • 製作年:2016
  • 日本公開日:2016/1/8
  • 上映時間:64分
  • 監督:尾石達也
  • 総監督:新房昭之
  • 声の出演:神谷浩史、坂本真綾、堀江由衣、櫻井孝宏
  • 概要:化物語の前日談、阿良々木暦(神谷浩史)とキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(坂本真綾)の出会いの物語…

評価:3/10(…)
オススメ:物語シリーズのファンだけ観ればいい

えぇ、このブログ始まって以来のぶっちぎり低評価です。
今までどんな作品でも褒めるイメージが付きつつありますが、今回は違います。
なので以下の注意事項をよくお読みの上お進みください。ネタバレよりも酷いです。

※この先不快な表現が多々見られます。作品に対してだけでなくファンに対してもそれらの表現が使われています。予めご了承ください。
※管理人は原作からのファンでアニメも終物語(忙しくて見れてなかった)以外は全話鑑賞済みです。
※キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの名前は信仰上の都合により省略は控えています。

以上を踏まえたうえでお進みください。

にとり的ポイントは

  1. あまりにも待ちすぎた
  2. 長い上に短い
  3. 劇場版だからって好き勝手やっていいわけではない

です。以下解説。

続きを読む →