「劇場版 艦これ」感想ー救われた(色々と)

こんにちは。

今日は先日4D版の上映が始まって、気づけば終わった「劇場版 艦これ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/11/26
  • 上映時間:91分
  • 監督:草川啓造
  • 声の出演:上坂すみれ、藤田咲、井口裕香、佐倉綾音、竹達彩奈、東山奈央、野水伊織、日高里菜、タニベユミ、大坪由佳、中島愛他
  • 概要:水上スキーを楽しむ女の子鑑賞ムービー。

評価:7/10
オススメ:アニメ艦これを観た方

原作は誰もが知ってる戦艦大和や「この世界の片隅に」でちょっと話題にもなった重巡青葉といった軍艦を美少女化したゲームとなっています。

まず大前提としてテレビアニメ版の続編ではあるのですが、このテレビアニメ版、最終話まで観たアニメで最もク◯なアニメでした。文字通りの駄作です。

そんなわけで、見るかどうかもだいぶ悩んだ時期もありましたが、観た結果「救われた…」って思いましたね。多分テレビアニメで心が死んだ提督(艦これファンの事)もそう思ったに違いありません。

では、原作の部分からアニメ版の◯ソっぷり、そして艦これテレビ版を知らない方でも特攻できるような前知識から4D版(20作以上観た人間として他作品との演出の違いも)の感想まで色々と語っていきます。

最初は映画版のネタバレ無しで行くので、これから観ようって方も参考にしていただければと思います。

ちなみに映画は艦これのゲームさえやってればテレビアニメ版を飛ばして劇場版だけ観ておいたほうが多分幸せです。
(テレビアニメ版の地獄を経験してたからこその素晴らしさはありますけどね…)

※序盤はTVアニメ版のネタバレ、後半は劇場版のネタバレになります

続きを読む →

「劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」感想―ファンの期待を裏切らない大傑作

劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」について語る前に、最初に言わせてください。

アニメでも原作でもゲームでも少しでもソードアート・オンライン知ってるならすぐ行くべき。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2017/2/18
  • 上映時間:119分
  • 監督:伊藤智彦
  • 声の出演:松岡禎丞、戸松遥、伊藤かな恵、竹達彩奈、日高里菜、高垣彩陽、沢城みゆき、平田広明、安元洋貴、山寺宏一、神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史他
  • 概要:アスナはヒロインでヒーロー。

評価:10/10
オススメ:SAOを知る全ての人へ

冒頭で述べた通り、ソードアート・オンライン(以下SAO)ざっくりでいいんで知ってたら絶対楽しめるので、本当に観に行った方がいいです。

ちなみに冒頭で世界観をキリト(松岡禎丞)が簡単に説明してるので、主人公のキリトとアスナ(戸松遥)イチャイチャバカップルっていう前提さえ入れていけば初見の方も意外といけると思います(実際初見の方も評価は良好)。
彼女達はソードアート・オンライン内で婚約をしているので、だからこその二人の劇中での行動、なのですね。

※以下最初はTV版ネタバレ、その後本編のネタバレ(徐々に核心に迫っていきます)

続きを読む →

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」感想―僕も北川景子のいとこになりたい

こんにちは。

今日は「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の紹介です。
同週に公開された「キセキ」や「ドクター・ストレンジ」にすっかり話題を持っていかれて完全空気ですね…

でもダメ人間、クズ人間好きな人は観た方がいいと思うんです!
だからタイトルのことは気にしてはいけない。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/1/28
  • 上映時間:120分
  • 監督:小林聖太郎
  • 出演:佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、橋本マナミ、キムラ緑子、宇崎竜童、國村隼、橋爪功他
  • 概要:二宮啓之(横山裕)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策をやって収入を得ていた。その仕事がきっかけで知り合った二蝶会のイケイケヤクザ・桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合ってからトラブル続き。桑原は二宮にとっての疫病神である。
    ある日二宮の元に映画の出資の話がやってくる。二宮にとっての父親代わりで桑原のいる二蝶会の若頭・嶋田(國村隼)にその話を紹介し、出資してもらう。
    しかし、映画プロデューサーの小清水(橋爪功)は資金を持って消えてしまう。桑原は資金を取り戻すため二宮を連れて小清水を追いかけるのだったが…

評価:8/10
オススメ:クズ人間、ダメ人間好きな人、北川景子のファン

「GANTZ:O」もそうだったけど、こういう大阪リスペクトな映画もっと増えて欲しいね。(結構大阪の扱い雑な作品多いからね…)

佐々木蔵之介が今までやってきた役が何だったのか思い出せなくなる位のインパクト強い、それでいてドハマリなヤクザを好演。
横山裕も見た目に似合う冴えないぐーたら男を演じています。

そして映画プロデューサーを演じる橋爪功がとにかく凄い。「家族はつらいよ」で演じた滑稽なリアル老人も最高でしたけど、それを超えてきましたね。
このクズPがとにかくクズすぎて素晴らしい活躍ぶりを見せます。

でもね、やっぱ自然な関西弁を話す北川景子尊い、それに尽きる。

※微妙にネタバレ

続きを読む →

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想―展開がわかるからこそ泣ける

今日は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のご紹介。
最初に結論から言うとポッピンQ」より絶対こっちの方観ようぜ。
※あくまでも個人的な感想です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/12/17
  • 上映時間:110分
  • 監督:三木孝浩
  • 出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子他
  • 概要:大学生の南山高寿(福士蒼汰)は通学の電車で福寿愛美(小松菜奈)に一目惚れし、声をかける。駅で会話を交わした2人。別れる際に高寿は「また会える?」と聞いたところ、愛美は突然涙した―。

評価:9/10
オススメ:カップルだけの映画じゃない!みんなにオススメ!

いやぁ、2016年はこれでもかというぐらい名作が出てきましたが、本作もその一つではないでしょうか。
2016年最後に観た映画は迷作でしたけど。

監督は「ソラニン」、「アオハライド」等の良質な音楽映画、青春映画を作り続ける三木孝浩監督
実は三木監督作品は「くちびるに歌を」、「青空エール」と2作連続で見損ねてたので久々の三木監督作品となります。
(2作品とも評価高いから観ないと…!)

原作者は七月隆文。あれ、どこかで聞いたことある名前だと思ったら、「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件」の原作者でもありました。
多分映画ファンには聞いたことも無いタイトルでしょうが、以前放送されていた深夜アニメです。

※どんな内容かはこのPV観てお察しください。でも結構他のテンプレートラノベと比べると内容は詰まってます。

まぁそんなわけで、ライトノベル作家の方がいきなりリア充向けな作品を書いて、ヒットし、さらに三木孝浩監督で映像化ですよ…住む世界が変わり過ぎというか。

まぁ、とりあえずそういうところもあって期待半分不安半分で観ましたよ。

※いつも以上にネタバレです

続きを読む →

「ポッピンQ」感想―2016年決定版誰得映画

本年皆さんにお届けする一本目がこの映画でいいのだろうかと未だに自問自答しつつ書きます。

さて、2016年初頭「エンジェルウォーズ」っぽいアニメ映画があるとご紹介した「ガラスの花と壊す世界」、覚えていますでしょうか。
有名なイラストレーター・カントクさんがキャラクターのデザインを手がけ、有名声優を投下したSF作品ですが、わずか70分弱に設定色々詰め込みすぎたお陰で超絶カオス映画となりました。
そんな作品を「エンジェルウォーズ」っぽいとブログで紹介したところ、結構Twitter等で反応を頂き去年の1,2を争うアクセス数でした。ありがとうございます。

で、本作。私が観る前から既に「エンジェルウォーズ」っぽいと騒がれていて、また俺は似たような映画を観ないといけないのか…と思いながら年の瀬に観に行きました。
結果的には、「エンジェルウォーズ」っぽいんじゃない。超えた。カオスさが。

前置き長くなりましたが、今日はそんな「ポッピンQ」を紹介。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/12/23
  • 上映時間:95分
  • 監督:宮原直樹
  • 出演:瀬戸麻沙美、井澤詩織、種崎敦美、小澤亜李、黒沢ともよ、小野大輔、島崎和歌子、羽佐間道夫他
  • 概要:ダンスで世界を救います。インディアン嘘ツカナイ。

評価:判定不能
オススメ:自分の目で確かめろ…マジで。

まー、なんというか、轟けミソっかすですよね(意味不
勢いがないせいで、「エンジェルウォーズ」と違って飲み込めないんです。

まずこの作品ですが、プリキュアのエンディングのダンスシーンを手がけてきた宮原直樹氏による作品。
このプリキュアのダンス、これが馬鹿にならなくて毎年凄まじい進化を遂げていることで一部界隈からも注目されています。

そんな監督だからか、いやだからこそダンスを中心に据えた本作。
ざっくり言えば卒業を控えた人生に迷う中学生5人が、異世界に迷い込んでダンスで世界を救うというお話です。

ダンスで世界を救う…?あの主人公走ってるのなんだろう?
もうね、予告編の段階から意味不明だったけど、観た後もよくわからなかったというのが正直な感想です。
しかも、当ブログでも鎮座する評価の低いク◯映画と違って嫌いになりきれないんだよな…なんだろうこの複雑な気持ち。

※以下ネタバレあり

続きを読む →