「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」感想―知ってる人にも知らない人にも新しい彼らの出会い

今年もポケモンの季節ですね。

いつもはTVシリーズの特別編という感じでTVの延長線上で楽しめる内容になっているのですが、20周年の今年はいつもと違います。

それはサトシとピカチュウの出会いの話をリメイクしたものだということ。

今日はそんな「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を紹介。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/7/15
  • 上映時間:98分
  • 監督:湯山邦彦
  • 声の出演:松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、本郷奏多、佐藤栞里、古田新太、中川翔子、山寺宏一、石塚運昇他
  • 概要:いつもいっしょにいたいから。

評価:9/10
オススメ:ポケモンを知る全ての方へ

もうね、少しでもポケモンかじったことある人はすぐ観た方がいいです。

これ勘違いして観る方多そうなので(鑑賞前の私も含めて)、最初に言っておきたいことが。
パット見最初のサトシ(松本梨香)ピカチュウ(大谷育江)の出会いのリメイクってわけで初期のポケモンアニメファン向けに見えます。
しかし普通に新しいポケモンもいるし、ついでに一緒に旅する人間が新キャラになってるのであくまでも今のポケモン環境で最初から作り直したのリブート作品に近いと考えてください。
なので初期の話を知らない方でも安心設計。
もちろんサトシのカントー地方での旅を知ってる人は感動できる要素がいくつも用意されているので必見です。

それからピカチュウとの出会いの部分はしっかりと描かれてますが、あくまでも序盤だけで、メインはサトシとホウオウの物語なのです。
多分20年もサトシ旅してきたんだからそろそろ出会わせてもいいよねっていうサトシや私達ポケモンファンへのご褒美ムービー的なものかもしれません。

※以下ネタバレ注意

続きを読む →

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」感想ーもうお前ら勝手にやってろ!

突然ですがみなさん「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画をご存知ですか?

海外で大人気の官能小説の映画化でしたがイマイチな脚本と主にジェイミー・ドーナンの演技で海外でも不評、なんとラジー賞で最低作品賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低スクリーンコンボ章、最低脚本賞と5部門も受賞。すごいな、「ジャックとジル」かよ。そりゃ「TED」でネタにされるわな。

閑話休題。

ただでさえアレなのに日本では真っ黒クロスケで一部表現を規制したR15版として公開しますます不評でした。

ちなみにこれ、海外で修正されたものをそのまま上映していたとか。日本ならもっと上手くやるよ多分。

この頃ちょうどアニメ版「テラフォーマーズ」でも真っ黒クロスケ出現し「また真っ黒クロスケのお世話にならないといけないのか…」と、ゲンナリしていた私でしたが、そんなところにR18版の上映が決まり嬉々として観に行きました。レディースデーに。TOHOシネマズ日本橋の女性ばかりのスクリーンのど真ん中の座席にいる男。それが俺。

「ガール」の時も同じシチュエーションでしたが、この手の映画では…まぁでも全然エロく無かったし、むしろどこに真っ黒クロスケの出番があったのか教えて欲しい。マジで。

まぁそんな色んな思い出のある本作ですが、私の2015年のワースト10には残念ながら入りませんでした。あの年はワースト側に精鋭が集まった事故の年なので。

さて、そんな続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」です。日本公開が決まる前はTwitterでビデオスルーになるというデマを流してた人間いたのですが、そいつのアカウント思い出してこれから殴りに行かなければなりません。無事に公開されてよかったです。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/6/23
  • 上映時間:118分
  • 監督:ジェームズ・フォーリー
  • 出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、リタ・オラ、キム・ベイシンガー、マーシャ・ゲイ・ハーデン他
  • 概要:5分に一回合体(雑

評価:6/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※個人的好みとしては10点とか0点(バカ映画)に並ぶぐらい好きだけど、冷静に考えるとこの点数

さぁ「前作からパワーアップ」という事でもう男としてはアッチ方面のパワーアップしか期待してない訳ですよ(ゲス顔
実際蓋をあけるととんでもない方向にパワーアップしちゃいましたね。

ハードルは一切持たずに行ったので、普通に楽しかったです。こういう頭悪い映画好きです。「5分に1回胸キュン」を謳った「ピーチガール」の宣伝文句借りるなら「5分に1回合体」なわけですね。抜きゲーかな。

※以下ネタバレあり

続きを読む →

「バトルシップ」感想―チキンブリトーのダイマ

シフト制なお仕事してるおかげで、ゴールデンウィークって感覚とても薄い…
でもゴールデンウィーク企画って憧れますよね。え、憧れない?

今日は過去に観てきた作品の中でも大好きな「バトルシップ」を紹介。


  • 原題:Battleship
  • 製作年:2012
  • 公開日:2012/4/13
  • 上映時間:130分
  • 監督:ピーター・バーグ
  • 出演:テイラー・キッチュ、ブルックリン・デッカー、アレクサンダー・スカルスガルド、リアーナ、浅野忠信、リーアム・ニーソン他
  • 概要:チキン・ブリトー!

評価:0/10
オススメ:とりあえずドッカンドッカンが観たい人

※0点はバカ映画に贈られる評価で、個人的なお気に入り度は9点と同等かそれ以上です。

今でも屈指のバカ映画に数えられる本作は、本国アメリカでも酷評の嵐でしたが、日本ではバトルシッパーという愛称が出てくるほど信者が出てくるという謎の現象が。みんななんだかんだでクソ映画好きなのね。

冒頭がイマイチという方も多いですが、冒頭も冒頭で面白いんですよ。

それからアメリカや日本の艦隊が登場し、本当にそれだけでも艦隊好きな方々には興奮ものなのではないでしょうか。

※以下例によってネタバレ

続きを読む →

「ハードコア」感想―ようこそ新しい映像体験へ

今回はやっとアニメ映画じゃないよ!

新しい映像体験。
なんだか、こういう紹介ってIMAXとか4Dっぽい感じですけど、この映画ごくごく普通の2D映画です。
じゃぁ、新しい映像体験って?って思いますよね。

今回紹介するのは「ハードコア」です。


  • 原題:HARDCORE HENRY
  • 製作年:2016
  • 公開日:2017/4/1
  • 上映時間:96分
  • 監督:イリヤ・ナイシュラー
  • 出演:シャールト・コプリー、ヘイリー・ベネット、ダニーラ・コズロフスキー、ティム・ロス
  • 概要:watch a movie or be part of one(この映画はIMAXではありません)

評価:8/10
オススメ:グロOKな人、ゲームで酔わない人

この映画の最大の特徴はほぼ前編FPS(First Person Shooter)で撮影されているということ。
一人称視点と呼ばれるもので、主人公の視点がそのまま映像になっているものです。
近年だと「Call of Duty」や「Battlefield」、「Minecraft」なんかが有名ですね。「007 ゴールデンアイ」で通じる人はおっさん。

撮影にはGoProが使われているあたりまさに新しい映画が来たという感覚です。

※いつもより短めだよ!
※結末ネタバレなしだよ!

続きを読む →

「映画プリキュアドリームスターズ!」感想―主題歌も俳優が歌う時代

こんにちは。

今日は「映画プリキュアドリームスターズ!」の紹介です。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/3/18
  • 上映時間:70分
  • 監督:宮本浩史
  • 出演:美山加恋、福原遥、村中知、藤田咲、森なな子、かないみか、阿澄佳奈、木村佳乃、山里亮太(南海キャンディーズ)、関町知弘(ライス)、田所仁(ライス)他
  • 概要:山ちゃんはアニメでもウザいだけでした。(褒め言葉)

評価:7/10
オススメ:子供達はもちろん、今回も大人が見ても安心

去年のオールスターズでプリキュアにハマってから2度めの春がやってきました。

去年のオールスターズでは全員登場させつつも、一部のプリキュアに活躍を絞るという東映の工夫が見られました。
今回のドリームスターズではなんと登場するプリキュアそのものを直近のプリキュア(魔法つかいプリキュアとGOプリンセスプリキュア+今のプリキュアアラモード)だけに絞るという新たな手法で出てきました。

今回も有名人をキャスティングしてはいるのですが、そもそも今回のプリキュアレギュラーにガチ女優(美山加恋、福原遥)を投下したせいで驚き薄れてますよ!

それにしてもゲストの木村佳乃、個人的には「告白」、「僕のヤバい妻」のヤバい役か、バラエティ番組のハッチャケ御姉様のイメージが強すぎるのでこの優しい感じのキャライメージ沸かなかったのですが(色々失礼

あと協力に京都市のクレジットがある通り、京都風の世界が舞台なんですけど、去年から京都推しでやってたコナン(いよいよ今週15日公開)と被っちゃってるよ!

※最初からネタバレ

続きを読む →