「あん」感想-生きる意味とは

今日は「あん」を紹介します。
この映画前から気にはなっていたのですが、実は内容全然知りませんでした。


  • 製作年:2015
  • 公開日:2015/5/30
  • 上映時間:113分
  • 監督:河瀬直美
  • 出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市川悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子他
  • 概要:どら焼き屋の雇われ店長の千太郎(永瀬正敏)の元にアルバイトをしたいという徳江(樹木希林)が現れる…

評価:7/10
オススメ:すべての人、特に中高生

本作はとにかく樹木希林の演技の素晴らしさに尽きますね。
あとは樹木希林の実孫の内田伽羅も出てます。
余談ですが、彼女は橋本環奈と同じく先日紹介した「奇跡」に出てます。

※以下いつものネタバレ

スポンサーリンク

さて、本作はハンセン病患者が出てくる作品になっています。
それによって隔離されて生きてきた徳江が一度外の世界で光り輝くために、どら焼き屋にやって来るわけです。

雇われ店長の千太郎は一度バイトを断って追い返すのですが、
徳江が作ったあんを食べてみて一転、徳江を雇うことにします。

徳江の作るあんは大好評で行列ができるほどになりました。
しかし、どら焼き屋のオーナー(浅田美代子)が徳江がハンセン病患者と知り、
辞めさせるように言ってきます。

やがて彼女の噂が広まったのか、客足が無くなってしまいます。
そして、その事に気づいてしまったのか、彼女は辞めてしまいます。

実は千太郎自身も一度犯罪を犯した人間で、
拾われた流れでどら焼き屋をやることになった人間でした。
なので、世間から偏見の目で見られる徳江の事がわかるんでしょうね。
なので、彼は彼女を守ることができなかったと自分も責めます。
彼の「世間というのは怖い」って台詞も重みがありました。

本作は物語が淡々と進んでいる印象で、
ハンセン病に対する差別的なドロドロした部分みたいなのはあまりなく、
逆に感動的な部分も若干薄かった気がします。
でも、逆にこれぐらいの爽やかさがあれば中高生にオススメできる映画だと思います。

あん Blu-ray スペシャル・エディション あん Blu-ray スペシャル・エディション

ポニーキャニオン 2016-03-16
売り上げランキング : 2976

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA