当サイトについて

Last update: /

はじめに

当サイトは映画の感想を中心に上げていくブログです。
感想は洋画、邦画、アニメ映画等ジャンル問わず多くの映画を取り上げていきます。

基本的に点数は他の感想サイトと比べると甘目ですが、逆にそれだけ多くの映画を愛してるということだと自負しております。

感想は基本的に前半にネタバレのない簡単な紹介、後半はネタバレありの細かい紹介と分けています。

当サイトはレスポンシブデザインになっています。PC、タブレット、スマホのいずれからも見やすいデザインを心がけています。
ブラウザはInternet Explorer10以上、Google Chrome、Firefox、Safariでの閲覧をオススメしています。

表示がおかしい等ある場合は遠慮なく申し出ください。

当サイトの方針

方針といいますが、目標としては一人でも多くの人に映画一本、一本を知ってほしいというのがあります。
それが目標であり、そもそもこのブログを立ち上げた目的なのです。
そのため、わかりやすく、その作品に興味を持って貰えるような文を目指しています。

あとは愛あるツッコミを心がけています。
どの作品にも大小なりの欠点はあります。
でもそこを単にダメだと切り捨てるのではなく、ツッコミを入れることで欠点もある種の楽しめる長所となるのです。そう、多少の欠点なんて笑い飛ばしましょう。
まぁ、それに私関西人ですし。ツッコまないなんて逆に失礼です(使命感

映画に対するスタンス

映画一本一本を愛したいと思っています。
その作品を観る限りは作品を全力で楽しむのを意識しています。
そして大事なのが「考えるな感じろ」ということ。

映画はどっちかというとノリと起承転結あるストーリー性を重視しています。
音楽が仰々しいだの、少々役者が大根だの、光の入り方がどうのこうのそこら辺の細かいことは一般の人達と同じくわかりませんし、気になりません。
※もちろん酷いレベルは別
私はあくまでも映画そのものが好きなのであって、変にこだわりを持つつもりはありません。

映画は一人でも多くの人に観てもらうのが大事だと思っています。
その為様々なアピールをしている映画配給会社様はじめ、スタッフの皆様には頭が上がりません。
ほんの一例ですが、一般の人達が興味を引くため洋画の日本語吹替版に有名人を起用するのは当然の事だと思いますし、日本の主題歌が自分達の好きなアーティストだったら素晴らしいと思います。
※酷いのは別ですが、姿勢自体は毎度評価しています

ただ、そう思っているからこそ作品そのものに関して言いたいことは言いたいです。
それが健全な映画の発展に繋がると信じています(大げさかもしれませんが)。
点数は正直につけているつもりです。
ただ、点数の低い作品も単につまらないで切り捨てず、どんな作品に対してもいいところも上げていきたいと思っています。
また悪いところでもツッコミを入れることで少しでも興味を持ってもらえるような文章を意識しています。

映画はあくまでも一部の人達の物ではないし、あってはならないと思っています。
全ては一人でも多くの人に映画一本、一本を知ってほしいという基本姿勢があるからです。
そのため、多くの作品が私の紹介を通じて皆様に伝わればと思っています。

映画鑑賞のスタイル

管理人は基本映画館で作品を鑑賞しています。
それは、椅子、音響、画面全てが最高級の体験ができるからに他なりません。

映画選びは予告編とHP、ポスターを観て面白そうだと思ったものだけを観るようにしてます。
Yahoo!映画等の評判は基本的に鑑賞後にしか観ないので、同調で点数を下げるような事はしません。

※大体こんな感じでまとめて鑑賞してます。

たまに家でもBD・DVDを購入したり、レンタルしたり。Amazonプライムの映画を漁ることも。
なお、家でも鑑賞環境は大切にしてます。

3Dも鑑賞できるヘッドマウントディスプレイに

7.1chのサラウンドヘッドホンで、周りを視界的にも聴覚的にも完全にシャットダウンしてます。
映画の演出的な部分は素人ですが、音質や画面は素人目にもわかる違いであり、その部分だけも最低こだわりたいと思っています。

※観終わった後はこんな感じでノートにポスターの画像やチケットは貼って保存したりもしてます。ブログ始めてからは文章はほとんど書けていませんが(苦笑

スポンサーリンク