NIFRELは今まで以上に動物達「にふれる」ミュージアム!

こんにちは!
今日は気合入れて2回目の更新だよ!
そうだね、待望のNIFREL(ニフレル)の紹介だよ!

↓EXPOCITY全体の紹介はこちら
つまりEXPOCITYは面白いからみんな来るべきって話

↓最後の「おまけ」部分に109シネマズのIMAXシアターの紹介
「ザ・ウォーク」感想-映画館で極限体験※

では、早速行きましょう!

スポンサーリンク

EXPOCITY特集時も紹介した、こんな建物がNIFREL(ニフレル)です!

魚の紹介のところが575(俳句調)で説明されてます。
ちなみに公式サイトでも見れます。

海遊館と違い、大きい水槽がいくつもあって360回り込めますし、一部は水槽自体の高さもそんなに高くないから水の上から眺めるなんてこともできます。

サメも360度観察できます。

チンアナゴ大先生。

プロジェクションマッピングを利用した地球的何か。
これ眺めるだけでも結構いれます。

ホワイトタイガーは大人気。
自分達の上を歩くので、みなさんがスマホを掲げたまま来るのを待ってるという状態。

後半部分のここが一番凄い。なんと鳥達が放し飼いされてます。

カバさんもいましたが、なんか他人という気がしない。

トイレの案内板にフクロウさん。こんな感じでそこら辺に鳥達が止まってます。
いや、一応木とかもありますよ?

ペンギン達の水槽も他のエリアより低く、目と鼻の先で観察できます。

こちらも同様。

最後にはこれまたプロジェクションマッピングを利用したシアターがあります。
正面のスクリーンから床もプロジェクターによって地面(大地や草原)が映しだされ動物たちが通り過ぎたりします。

これがショッピングモールの一角にあるという恐ろしさ。
週末家族で行くに持って来いの場所になってます。
みなさんも是非EXPOCITYへ! 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA