「百円の恋」感想-痛い痛い痛い(ry

こんにちは。
今日は「百円の恋」を紹介します。


  • 製作年:2014
  • 公開日:2014/12/20
  • 上映時間:113分
  • 監督:武正晴
  • 出演:安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、伊東洋三郎、重松収、根岸李衣他
  • 概要:32歳にして引きこもりの一子(安藤サクラ)だったが、離婚して帰ってきた妹・二三子(早織)と折り合いが合わず、母親から金を貰って家を出て行く。一子は100円ショップでバイトを始めるのだが…

評価:5/10
オススメ:人生諦めたくない人

もうね、最優秀主演女優賞を獲るぐらいには安藤サクラの演技がとにかく光る作品です。
安藤サクラの演技は神です。
ストーリーはおまけなんです。偉い人にはわからないのです。

スポンサーリンク

まぁ、この映画一子本人含めてほぼクズしか出ないんですけど…
もうね、クズの満漢全席ですよ。お腹いっぱいすぎますよ。

主人公は一子は32歳引きこもりでダメ人間。
妹が離婚を機に帰ってきますが、派手に喧嘩して一子は家を出ていきます。
ちゃっかり母親から金を受け取って出て行くのが、ダメっぷりを強調させています。

100円均ショップでバイトを始める一子ですが、働いてるやつらクズ大集合。
店長もクズ、店員も眩いクズ…元店員のクズも廃棄の弁当を盗みにやってくるという魔窟です。

一子はよく通る道にあったボクシングジムで狩野(新井浩文)を見つけます。
練習している姿を毎日見ていた一子ですが、ある日突然狩野にデートに誘われます。
理由は「断れなさそうだったから」。
そして、狩野は引退試合に挑むものの負けます。

引退した狩野は突然100円ショップに現れ、ゲロを撒き散らした上に一子の家に引き取られるのですが、
ある日突然いなくなってしまいます。

まぁ、こんな感じで前半があまりにも見るに耐えない展開を長々と流されるのですが、
ここから一子が心機一転ボクシングに打ち込んでいきます。

クズの巣窟だった100円ショップも本社から来た店長代理のクズを殴って脱出します。
一子は実家に戻って弁当屋の手伝いを始めます。

そして、ラストのボクシングの試合…
気づいたら一子を応援したくなってきます。
最後の二三子の叫びは観客の思いそのものなのではないでしょうか。
クズが輝く一瞬を見た気がします。

後半にかけて一気に引き込まれますが、それまでのクズによるクズのためみたいなシーンがちょっと冗長すぎませんかね。
でも、前半の部分があったからこそ後半の部分が光っているのは否定できませんが。うーん。

追記
そうそう、この映画で良かった部分を危うく語り忘れるところでした。
クリープハイプの主題歌ですよ!
歌詞が映画にマッチしてるだけでなくて、そもそも私の大好きなクリープハイプを起用した事自体を評価したいです。
クリープハイプはフェスとかでは人気が出てきたけど、いまだにメジャーになりきれてない感があるのでこの感じで頑張って欲しいです(小並感

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA